【遊戯王デュエルリンクス】タイラントドラゴンデッキのメリット、デメリットとおすすめスキルを紹介します!!

0コメント
1

今回はタイラントドラゴンデッキのメリット、デメリットとおすすめスキルを紹介します!タイラントドラゴンデッキのメリット、デメリットとおすすめスキルを知りたい方は是非参考にしてみて下さい!



【関連記事】




【タイラントドラゴンデッキメリット】


・1キルが可能

タイラントドラゴンの連続攻撃の効果、は相手フィールドにモンスターが存在していれば攻撃が可能という条件が比較的簡単なため、流星の弓シールで相手モンスターを無視して直接攻撃すれば合計3800のダメージを与えることが可能です。さらに、デッキスキルなどでタイラントドラゴンを強化したり、火竜の火炎弾やスタンピングクラッシュで効果ダメージを与えていれば、1キルも可能にする事が出来ます。

・相手のマジックや罠など無視できる

巨竜の羽ばたきやオーバーウェルムなどで、相手の効果を封じつつ展開させていくことが可能で、特にモンスター効果などで邪魔される事を防ぐ事も出来ます。さらに、タイラント自身の効果で罠も無効化する事が出来るため、効率的に攻略していくことが出来ます。

・召喚を早める事が出来る

タイラントドラゴンの召喚をする際に、ターン数を消費しやすいものの即時召喚する事が可能なため、上級モンスターを展開させやすいデッキとなっています。


【タイラントドラゴンデッキデメリット】


・耐性だけで安心しにくい

タイラントドラゴンは、罠カードに対しての無効化の能力を持っていますが対象に取る罠カード自体が少なく、また罠以外のカード効果に対しても無力となっています。そのため、効果だけを信頼することなく、出来るだけ破壊する事をおすすめします。

・必要なカード枚数が多い

一番の問題点はこれです。デッキに加えるべきカードのレア度も高く入手しにくいカードも多数あるため、デッキ構築までに時間を要してしまいます。そのため、必要なカード集めが一番難しい点です。


【タイラントドラゴンデッキおすすめスキル】


・スリカエ(キース/Lv4)
1

早い段階からタイラントドラゴンを手札に加えるために優秀なスキルです。後半は手札を適宜入れ替えてタイラントドラゴンなどのサポートカードを持ってくることも出来るため、効率的なスキルと言えます。

・粉砕(海馬/LV13)
2

上級モンスターが、存在する時に全体強化をするデッキスキルとなります。このスキルで、強化すればタイラントドラゴン+流星の弓シールの二枚だけで1ターンキルを成立する事も出来るため、非常に強力なスキルと言えます。


上記が、遊戯王デュエルリンクスのタイラントドラゴンデッキのメリット、デメリットとおすすめスキルです。タイラントドラゴンデッキを使用する方は、是非参考にしてみて下さいね。


【オススメ記事】



コメントを書く
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット