【遊戯王デュエルリンクス】トライワイトゾーンワンキルデッキのメリット、デメリットとおすすめスキルを紹介します!!

0コメント
no title


今回はトライワイトゾーンワンキルデッキのメリット、デメリットとおすすめスキルを紹介します!トライワイトゾーンワンキルデッキのメリット、デメリットとおすすめスキルを知りたい方は是非参考にしてみて下さい!
【関連記事】




【トライワイトゾーンワンキルデッキメリット】


・効果ダメージでワンターンキルが可能

キックファイアは1ターンに一度しかカウンターを乗せる事は出来ませんが、一度に複数個を置くことは可能となっています。そのため、トライワイトゾーンで並べた邪炎の翼をサンダークラッシュで破壊することによりダメージを与えながら三つのカウンターを同時に乗せることが可能となっています。その結果、デッキスキルの連動トラップと合わせて200+900+3000=4100ポイントの効果ダメージを発生させることでワンターンキルが可能となっています。

・デッキ構築のカードが入手しやすい

このデッキの最も効率の良い理由がこの点になります。必要なカードは、一番高いレアリッティでもレアと入手しやすく、コンボに必要なカードについてはノーマルのみで揃える事が可能なため、簡単に作成できるデッキです。

・時間をかけずに終わらせることが可能

特定カードにより素早くデッキ圧縮をする事が可能です。そのため、ターン数を増させること無く早期に勝利を収めることも出来ます。


【トライワイトゾーンワンキルデッキデメリット】


・事故率が高い

キーカード三枚に加えて、墓地に邪炎の翼三枚を揃えなければならないため、かなり条件の厳しいコンボデッキのため、手札事故を起こしやすいデッキです。そのため、スキルなどで補正したい所ですが、必ず連動トラップのスキルを使用したいため、天の采配に任せる必要があります。

・特定デッキに弱い

デッキの性質上、こちらのカード破壊を目的としたデッキやデッキ破壊などのデッキであれば、デッキ圧縮を目的としているため早々に負けてしまう危険性があります。そのため、出来る限り早急にコンボ展開させる必要があります。


【トライワイトゾーンワンキルデッキおすすめスキル】


・連動トラップ(リシド/Lv4)
1

1ターンキルとする際に、残りライフ100に対して200ダメージを与えてくれるスキルです。このスキル無くして、勝利する事は出来ないため必ず組み込んで欲しいスキルとなります。ただし、逆にカード加えて200ポイント分を補填する事も出来ます。

・スリカエ(キース/LV4)
2

手札事故を防止してくれるスキルです。ただし、上記記載に通り残り100ポイントのダメージを確保するために、カード追加する必要がありますが、デッキの安定度は増すため勝利率が上がるスキルです。


上記が、遊戯王デュエルリンクスのトライワイトゾーンワンキルデッキのメリット、デメリットとおすすめスキルです。トライワイトゾーンワンキルデッキを使用する方は、是非参考にしてみて下さいね。

【オススメ記事】




コメントを書く
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット