【遊戯王デュエルリンクス】遊戯王デュエルリンクスのガチャの全レアリティが判明!!

0コメント
maxresdefault


今月9月7日にベータテストが開始された遊戯王デュアルリンクスのガチャの全レアリティが判明しました!今回は、そのカードを紹介します!




【レア度について】
遊戯王デュエルリンクスではN→R→SR→URの順にレアリティが上がり一番上はURになります。
プレイの時はURを狙うことをおすすめします。

【ノーマル】

・トルネード
《サイクロン》の完全下位互換であり、発動条件が課せられているマジックカードである。
原作では、アニメZEXALにて、遊馬がデッキに投入しているのが確認できるカードの1枚である。
3


・毒蛇の牙
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動するトラップカードである。
選択したモンスターの守備力はエンドフェイズ時まで500ポイントダウンする。
4


・7(セブン)
同名カードを揃えることでドローする効果と、フィールド上から墓地へ送られた時にライフ回復する効果持マジックカードである。
3枚ドローは脅威だが、それには3枚のこのカードが必要となる為、差し引きは0となる。
もちろん、3枚揃わなかったり、1枚でも墓地に落ち回収不可能になったりした場合は、ドロー効果を使用できず、ライフ回復効果しか発動できない為、リスクが大きいカードである。
6


・セイントバート
《紅陽鳥》の融合素材で初期の下級モンスターとしては比較的攻撃力も高い方のモンスターカードである。
レベル4・風属性・鳥獣族の通常モンスターとしては《バードマン》に攻撃力で劣り、次点である《冠を戴く蒼き翼》には守備力でも劣る。
《ドラゴンフライ》には対応するが、《奈落の落とし穴》の影響は受けるので、併用するにしても《タクヒ》や《ハーピィ・レディ》を用いたほうが無難である。
5

【レア】

・地霊使いアウス
リバースした場合に地属性モンスターのコントロールを得る誘発効果を持っているモンスターカードである。
闇属性と並び、遭遇する確率が高いため、《DNA移植手術》を使わずともコントロール奪取の機会は多く、奪えるモンスターにも優秀なものが数多く揃っているメリットはある。
【霊使い】で全ての霊使いを採用する場合はそれぞれの採用枚数の調整が難しいが、遭遇する機会の多さで他の霊使いよりも1枚程度多めに投入することもおすすめする。
1


・魔力無力化の仮面
フィールド上に表側表示で存在する魔法カードを指定し、そのコントローラーに永続的に効果ダメージを与えるマジックカードである。
表側表示で存在し続ける魔法カードは永続魔法と装備魔法、フィールド魔法、ペンデュラムゾーンに置かれているペンデュラムモンスターに限られるカードである。
2


【スーパーレア】

・マジカルシルクハット
非常にトリッキーな壁生成機能付きサーチトラップカードである。
モンスターの戦闘破壊を逃れる用途で使用するには発動条件やランダム性が痛く、不確定な要素が大きい。
そのため、純粋に守るカードを採用したければ《次元幽閉》や《威嚇する咆哮》の方が良い。
しかし、数多のカードと変幻自在にコンボすることが可能であり、それにおいて真価を発揮するカードである。
11


【ウルトラレア】

・アックス・レイダー
初期の下級通常モンスターでこの攻撃力は高めの部類に入るモンスターカードである。
地属性・戦士族の下級通常モンスターでは《X-セイバー アナペレラ》に劣り、同じ攻撃力でも《戦士ダイ・グレファー》に劣る。
6



上記が、遊戯王デュエルリンクスのガチャで登場している全レアリティです。是非、遊戯王デュエルリンクスをする際にはこのカードも使ってみてください。




コメントを書く
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット