【遊戯王デュエルリンクス】城之内の初期デッキモンスターカードが判明!!

0コメント
あ

今月9月7日にベータテストが開始された遊戯王デュエルリンクスですが、城之内が使用するデッキのモンスターカードが判明しました!今回は城之内のモンスターカードを紹介します!



【登場カード】

・レッドアイズ・ブラック・ドラゴン
1

闇属性・ドラゴン族の最上級モンスターで共に第1期から存在し、知名度が高い《青眼の白龍》とは対を成しているモンスターカードである。
最上級モンスターではあるが攻撃力はせいぜい上級モンスター並と心許なく、レベル6の闇属性通常モンスターの《デーモンの召喚》にも劣る。
また同属性・同種族の最上級通常モンスターには、レベル8で、よりステータスの高い《トライホーン・ドラゴン》が存在する。
しかし、豊富なサポートカードを活用することで、十分にこれらと差別化することが可能なカードである。

・伝説の剣豪MASAKI
2

地属性・戦士族の下級モンスターで《炎の剣士》の融合素材でもある。
《炎の剣士》の融合素材だが、あちらは《簡易融合》できるので正規融合される事はまずない。
《E・HERO プリズマー》や《融合準備》など、融合素材サポートを利用できる点を活かしたい。
単体では《響女》に劣るが、《炎の剣士》のサポートカードを加味した上で考えるとこちらの方が利用価値はやや勝るカードである。

・マグネッツ1号
3

地属性・戦士族の下級モンスターで《カルボナーラ戦士》の融合素材でもある。
通常モンスター全般に対応するものに加え、《ドラゴラド》にも対応し蘇生は狙いやすい。
ナチュルのシンクロモンスター等に繋げる際は《チューン・ウォリアー》とサポートを共有できる。
また、《カルボナーラ戦士》の融合素材であるため、《E・HERO プリズマー》で墓地へ送る事で蘇生に繋げられるカードである。


・マグネッツ2号
4

地属性・戦士族の下級モンスターで《カルボナーラ戦士》の融合素材でもある。
基本的な使い方は《マグネッツ1号》を参照。
こちらは攻守が逆転しているので《デブリ・ドラゴン》にも対応しており、より使いやすい。
それでもやはり《六武衆の侍従》よりサポートカードが少ないため、採用は厳しい。
一応《E・HERO プリズマー》で墓地へ送る事ができ、《カルボナーラ戦士》が《簡易融合》に対応するおかげでエクストラデッキのスペースを節約できる。
《魔装騎士ドラゴネス》などを併用しておけば、このカードとのエクシーズ召喚や上記《デブリ・ドラゴン》を交えたシンクロ召喚に幅をもたせる事もできるカードでもある。

・炎を操る者
5

炎属性・魔法使い族の下級モンスターで《炎の剣士》の融合素材でもある。
唯一の炎属性・魔法使い族の通常モンスターであり、《ドラゴラド》にも対応し、更には融合素材でもあるため様々な活用法はあるのだが、どれも他に比べるとどうも中途半端感がある。
融合素材の片割れや融合先が魔法使い族でないため、《ハイ・プリーステス》と比べると《レスキューラビット》などを使用する【魔法使い族】でも少々使いにくい。
【ローレベル】では《炎星皇-チョウライオ》・《マジックテンペスター》の素材にできる他、《タンホイザーゲート》で《陽炎獣 バジリコック》・《マジマジ☆マジシャンギャル》にも繋げられるため採用が検討も出来るカードである。


上記が、遊戯王デュエルリンクスで城之内デッキのモンスターカードになります。城之内のデッキを確認したい方は、是非参考にして下さい。



コメントを書く
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット