【遊戯王デュエルリンクス】城之内の初期デッキ一部モンスターカードとマジックカードが判明!!

0コメント
あ


今月9月7日にベータテストが開始された遊戯王デュエルリンクスですが、城之内が使用するデッキの一部モンスターカードとマジックカードが判明しました!今回は城之内デッキのカードを紹介します!



【モンスターカード】

・東方の英雄
1

地属性・戦士族の下級モンスターカードである。
《伝説の剣豪 MASAKI》よりも後に登場したが、守備力とレベルが少し低くなっただけで似たり寄ったりである。
融合素材サポートを受けられない分弱体化しているともいえる。
その他の使い勝手はあちらと同じで、一人を切るのも難しいと言えるカードである。

・格闘戦士アルティメーター
2

地属性・戦士族の下級モンスターで《アンデット・ウォーリアー》の融合素材でもある。
レベル3・地属性・戦士族の通常モンスターはコンボの豊富な《チューン・ウォリアー》・《六武衆の侍従》が性能では一歩秀でている。
更に上記の条件を満たし《ドラゴラド》等に対応する中でも、《アーメイル》・《ウッド・ジョーカー》・《物陰の協力者》のステータスを下回る。
《E・HERO プリズマー》に対応するレベル3・地属性・戦士族には、既に述べた《アーメイル》に加え《音女》・《モンスター・エッグ》・《マグネッツ1号》・《マグネッツ2号》が存在するので、ステータスの差異または融合先の性能で使い分けたいカードである。

・ベビードラゴン
3

風属性・ドラゴン族の下級モンスターで《千年竜》と《ドラゴンに乗るワイバーン》の融合素材でもある。
《ワイバーンの戦士》との融合で《ドラゴンに乗るワイバーン》、《時の魔術師》との融合で《千年竜》を特殊召喚できる。
だが、《ドラゴンに乗るワイバーン》は攻撃力が低めであり、《千年竜》はモンスター効果を持たないため、やはり扱いづらい。
《ドラゴンに乗るワイバーン》は融合素材の関係上【凡骨融合】と相性が良いため、ファンデッキなら投入しても良いかもしれないカードである。

【マジックカード】

・ブルーポーション
4


400のライフ回復を行う効果を持つマジックカードである。
先に登場した《レッド・ポーション》の下位互換。
この程度のライフ回復では焼け石に水にすぎず、使う人はまずいないだろう。
なお、《モウヤンのカレー》は相手のライフを回復できるため、厳密にはこのカードの下位互換ではないが使い道の薄いカードである。

上記が、遊戯王デュエルリンクスで城之内デッキの一部モンスターカードとマジックカードになります。城之内のデッキを確認したい方は、是非参考にして下さい。


コメントを書く
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット