【遊戯王デュエルリンクス】孔雀舞デッキのモンスターカードが判明!!

0コメント
images1


今月9月7日にベータテストが開始された遊戯王デュエルリンクスですが、孔雀舞が使用するデッキのモンスターカードが判明しました!今回は孔雀舞のモンスターカードを紹介します!



【登場カード】

・ハーピィレディ三姉妹
2

風属性・鳥獣族の特殊召喚モンスターで、特殊召喚モンスターのハーピィで、《万華鏡-華麗なる分身-》で特殊召喚できる召喚ルール効果を持つモンスターカードである。
《万華鏡-華麗なる分身-》は《ヒステリック・サイン》でサーチできるため、このカード自体は特殊召喚しやすい。
しかしそれほど優れたステータスを持つわけでもなく、他のハーピィとはレベルも合わないためエクシーズ素材にも使いづらい。
《ハーピィ・チャネラー》の手札コストや、《ヒステリック・サイン》のサーチ対象を増やすため、採用できるかといった程度のカードである。

・ハーピィレディ
3

風属性・鳥獣族の下級モンスターカードである。
ハーピィや《ハーピィ・レディ》のサポートカードは数多くあるが、そのためだけに使うのならば、強化版である《ハーピィ・レディ1》や《ハーピィ・クィーン》等が優先される。
このカードを使うなら、自身が通常モンスターであることに着目したい。
特に《レスキューラビット》でリクルートすれば、そのまま《電光千鳥》や《零鳥獣シルフィーネ》のエクシーズ召喚に繋げられる。
その後蘇生カードや《闇の量産工場》で使い回せば、《ハーピィの狩場》の破壊効果を連続で使い続ける事も可能なカードである。

・ハーピィガール
1


風属性・鳥獣族の下級モンスターカードである。
ハーピィではあるが対応するサポートカードは少なく、実用性は高くない。
そこで《ハーピィ・レディ》と共に、通常モンスターである事を活かして運用したい。
《レスキューラビット》や《同姓同名同盟》で複数体特殊召喚すれば《ハーピィズペット仔竜》を一気に強化でき、エクシーズ素材にもなる。
また、墓地に3体存在すれば《トライワイトゾーン》で蘇生できる等、複数展開する手段には事欠かないだろう。
手札に複数来てしまった場合は、《ゴッドバードアタック》や《馬の骨の対価》等のコストにすることで対処したカードである。

・クジャック
5

風属性・鳥獣族の上級モンスターで、第2期のモンスターだが、このステータスで上級モンスターというのは第1期の水準カードである。
《ウイング・イーグル》や《カラス天狗》の下位互換。
差別化点が《かつて神と呼ばれた亀》の効果をすり抜けられる程度であり、優先は厳しいカードである。

・ドレイク
4

風属性・鳥獣族の下級モンスターカードである。
《ダークバット》と使用できるサポートカードに差がなく、ステータスでこちらの方が劣っている。
こちらのメリットとしては、《落とし穴》で破壊されず、《ブラック・ガーデン》で簡単に蘇生できる事が挙げられるカードである。

上記が、遊戯王デュエルリンクスで孔雀舞デッキのモンスターカードになります。孔雀舞のデッキを確認したい方は、是非参考にして下さい。


コメントを書く
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット