【遊戯王デュエルリンクス】闇遊戯から入手できるレアのマジックカードが判明!!

0コメント
あ

今月9月7日にベータテストが開始された遊戯王デュエルリンクスですが、闇遊戯から入手できるRのマジックカードが判明しました!今回はそのマジックカードを紹介します!




【レアカード】

・磁力の召喚円Lv.2
1

手札の機械族モンスターを特殊召喚するマジックカードである。
このカードを使うことで召喚権を消費せずに《古代の歯車》や《機械複製術》の展開をサポートできる。
 とはいえ、それらをリリースやエクシーズ素材、シンクロ素材に利用するくらいであれば、初めから自身の効果で特殊召喚できるモンスターを採用した方が良いカードである。

・魔女狩り
2

魔法使い族に対する全体除去のマジックカードである。
相手が魔法使い族を2体以上並べることは早々ないため、《地砕き》や《ライトニング・ボルテックス》を使った方が良い。
 《DNA改造手術》で魔法使い族を選択する場合は《マジシャンズ・サークル》など、自分フィールドの魔法使い族を活用することも多く、自滅する可能性も高いカードである。

・スライム増殖炉
3

自分のスタンバイフェイズ毎にチェーンブロックを作りスライムモンスタートークンを生成する効果と召喚・反転召喚・特殊召喚を制限する効果を持つマジックカードである。
発動しておけば毎ターンノーコストでトークンが特殊召喚されるため、ボード・アドバンテージは稼げる。
しかし、トークンの攻撃力は僅か500であり、攻撃表示で特殊召喚される。
他のモンスターの召喚が封じられてしまうためアドバンス召喚のリリースに使用するのは難しく、そのままでは攻撃の的になるだけである。
トークンを何らかのコストにするにしても、サーチしやすくデメリットがない《煉獄の氾爛》の方が優秀なカードである。

・猛獣の歯
4

獣族専用の単体強化カードのマジックカードである。
攻守どちらも強化できるが、上昇値はかなり低い。
第1期の頃は貴重な強化手段だったが、第2期でより上昇値の高い装備魔法が多数登場してからは出番を失っているカードである。

・魔菌
5

植物族専用の単体強化カードのマジックカードである。
《デーモンの斧》や《団結の力》等の汎用装備魔法が登場するまでは、この程度の強化量でも評価されていた。
しかし、当時の植物族には装備魔法を使って強化したいモンスターが乏く、特に使われることは少なかったカードである。

・ドラゴンの秘宝
6

ドラゴン族専用の単体強化カードのマジックカードである。
登場当時は《青眼の白龍》にこのカードや《エルフの光》等を装備するだけで、まさに最強だった。
現在では多数の完全上位互換の存在から使い道はないカードである。

・電撃鞭
7

雷族専用の単体強化カードのマジックカードである。
雷族専用の装備魔法は珍しいが、現在はより高い攻撃力上昇を狙える《エレキューブ》が存在するカードである。

・魔性の月
8

獣戦士族専用であり、装備モンスターの攻撃力と守備力をアップさせるマジックカードである。
原作とは違い、《シルバー・フォング》には装備させられず遊戯のファンデッキにも入れにくくなってしまったカードである。

【レア度についてはコチラ】
【遊戯王デュエルリンクス】遊戯王デュエルリンクスのガチャの全レアリティが判明!!

上記が、遊戯王デュエルリンクスで闇遊戯から入手できる残りのマジックカードになります。闇遊戯からマジックカードを入手したい方は、是非参考にして下さい。


コメントを書く
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット