【遊戯王デュエルリンクス】リセマラおすすめマジックカード!!

0コメント
maxresdefault


今月9月7日にベータテストが開始された遊戯王デュエルリンクスですが、今回はリセマラする際のおすすめのマジックカードを紹介します!



【即終了カード】

・自律行動ユニット
1

ライフコストを用い、相手マジックを蘇生するマジックカードである。
相手の墓地が十分に肥えたところで発動したいが、それはつまり相手も蘇生の機会を得ているという事である。
デッキ破壊を狙わない限り相手の墓地を肥やす手段は少ないため、相手依存にもなりやすいカードである。

・フォース
2

2体のモンスターを対象に発動し、片方の攻撃力の半分を、もう片方の攻撃力に上乗せする効果を持つマジックカードである。
同じ単体強化としては相手ターンも攻撃力と守備力が上がる《破天荒な風》、サーチが容易な《デーモンの斧》、固定で1500上がる《一騎加勢》等が存在している。
また他と同様、コンバットトリックに使えないのが大きな難点であり、使った後に除去されると大幅なディスアドバンテージになってしまう事、攻防に使える《禁じられた聖槍》や《禁じられた聖衣》も存在する点も同じであるカードである。

・ワンダーバルーン
3

手札を任意の枚数墓地へ送って自身に同数のバルーンカウンターを置く効果、バルーンカウンターの数に比例した相手への全体弱体化を行う効果を持つマジックカードである。
手札を墓地へ送る度に相手の攻撃力を削る事ができるが、1枚につき300と効率は良くない。
《強者の苦痛》と比べるとエクシーズモンスターには対応できるが、手札の消費がかなり痛く、破壊された時の損失は比べものにならないカードである。

【終了可能カード】

・突撃指令
4

自分フィールド上の通常モンスターをリリースし、相手モンスターを破壊するマジックカードである。
《デュアルスパーク》の先駆けといえるような効果だが、ただ単に発動しただけでは、2:1交換のディスアドバンテージになる。
エンドフェイズに破壊が確定している通常モンスターを利用したり、相手の除去に対するサクリファイス・エスケープに使いたいカードである。

・強欲なカケラ
5

自分のドローフェイズ時に通常のドローをする度に、このカードに強欲カウンターを1つ置く。
強欲カウンターが2つ以上乗っているこのカードを墓地へ送る事で、自分のデッキからカードを2枚ドローするマジックカードである。
発動後、2回通常のドローをする事でアドバンテージを得られる。
しかし、発動したターンにはカウンターが乗らないので、効果を使えるのは相手のターンを含めて4ターンも先となる。
しかもその間は何の効果も無く、一時的にディスアドバンテージを負う事になる。
劣勢時に引いてしまうと何もできず、ドロー効果を使う前にデュエルが終わってしまうマジックカードである。

【終了妥協カード】

・馬の骨の対価
6

効果モンスター以外のモンスターを墓地へ送ることで、2枚ドローする効果を持つマジックカードである。
墓地へ送るカードは効果モンスター以外のため、通常モンスターを含む効果を持たないモンスターを墓地へ送ることになる。
同じく通常モンスターでドローできる《凡人の施し》と比べると、即効性があり除外しなくて良いが、召喚権とボード・アドバンテージを失うことになる。
また、こちらはコストとして墓地へ送る必要があるため、《次元の裂け目》などの影響下では発動できない。
通常モンスターのペンデュラムモンスターもエクストラデッキに行くので墓地へ送ること自体ができず、このカードのコストにできない。
効果なしの融合モンスター・儀式モンスター・シンクロモンスター・エクシーズモンスターもコストにできるが、《ダイガスタ・エメラル》で蘇生させた場合などを除き、普通に使用する分にはどれもディスアドバンテージが大きいカードである。

・ツイスター
7

ライフコストを払うことで発動し、表側表示の魔法・罠カードを破壊する効果を持つマジックカードである。
《サイクロン》の下位互換カードである。
発動にはライフコストが必要となり、表側表示の魔法・罠カードしか破壊できないので、エンドサイクとしても使用できないカードである。

上記が、遊戯王デュエルリンクスでリセマラの際のおすすめマジックカードになります。リセマラする際には上記カードを是非参考にして下さい。


コメントを書く
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット