【遊戯王デュエルリンクス】リセマラランキングモンスターカードTOP10をご紹介!!

0コメント
maxresdefault


今月9月7日にベータテストが開始された遊戯王デュエルリンクスですが、今回はリセマラする際のおすすめモンスターカードをランキング形式で紹介します!




【1位】

・クリボール
4

攻撃してきたモンスターを守備表示にする誘発効果、儀式召喚に必要なリリースの代用となるルール効果を持つモンスターカードである。
手札から墓地へ送って攻撃をしのぎ、さらにその後は儀式召喚を行い除外という流れを狙える。
しかし、手札で効果を発動し、攻撃を封じてなおかつ儀式召喚のレベル1分のリリースに使うなら、直接攻撃に限定されるものの《バトルフェーダー》や《ゴーストリック・フロスト》

でも同じことが可能カードである。

【2位】

・ビッグ・シールド・ガードナー
5

魔法カードの発動を無効にする誘発即時効果と、攻撃されたダメージステップ終了時に攻撃表示になる永続効果を持つモンスターカードである。
デメリットを逆手にとり、反射ダメージ覚悟で1体目で攻撃してきた所で《D2シールド》や《追い剥ぎゴブリン》等を狙うのも手。
攻撃表示になった後、《ディメンション・ウォール》にはめるのも面白いカードである。

【3位】

・ブラック・マジシャン・ガール
6

お互いの墓地の《ブラック・マジシャン》・《マジシャン・オブ・ブラックカオス》の数に比例して攻撃力を自己強化する永続効果を持つモンスターカードである。
自己強化効果による理論上の最大攻撃力は、お互いの墓地に該当モンスターがそれぞれ3枚ずつある場合の5600である。
 しかし相手の墓地にも依存するため非現実的であり、同じレベル6魔法使い族の《魔法剣士トランス》以下の攻撃力しか得られない場合が多いカードである。

【4位】

・ハネハネ
7

リバースした場合にフィールド上のモンスターを手札に戻す誘発効果を持つモンスターカードである。
登 攻撃力・効果共に《ペンギン・ソルジャー》の下位互換。
こちらは獣族ゆえに《素早いビッグハムスター》・《子狸ぽんぽこ》・《森の聖獣 ヴァレリフォーン》に対応しているが、【獣族】でも《ライトロード・ハンター ライコウ》が優先される。
《魔獣の懐柔》を採用する場合は同名カードを特殊召喚できないため、種類の水増しに使えるかもしれないカードである。

【5位】

・死の4つ星てんとう虫
8

リバースした場合に相手フィールド上のレベル4の表側表示モンスターを全て破壊する誘発効果を持つモンスターカードである。
レベル4モンスターの採用率は高いため、破壊対象に困ることは少ない。
相手モンスターのみを根こそぎ破壊でき、状況によっては1:1交換以上の活躍も期待できる。
しかし、2体以上を破壊できる状況ではエクシーズ召喚されてしまう可能性もある。
この点で確実性が非常に低く、他の破壊系リバースモンスターよりも扱いにくいカードである。

【6位】

・サンダー・ドラゴン
9

手札から捨て、同名カードをサーチする起動効果を持つモンスターカードでまた《双頭の雷龍》の融合素材にもなるカードである。
ステータスは平凡な下級モンスタークラスであり、戦闘面での活躍は期待できない。
そのモンスター効果により、デッキ圧縮・手札増強・墓地肥やし等を兼ねる通常魔法のような運用をする事になるカードである。

【7位】

・翻弄するエルフの剣士
10

攻撃力1900以上のモンスターとの戦闘では破壊されない永続効果を持つモンスターカードで原作出身モンスターでもある《エルフの剣士》のリメイク版である。
高攻撃力モンスターに対しての戦闘破壊耐性を持ち、エルフの剣士の中で防御担当にあたる。
エルフの剣士運用の軸となる《エルフの聖剣士》が攻撃担当であり、対をなす立ち位置と言える。
とはいえ、下級モンスターで戦線維持する機会の少ない昨今、各種素材にする上では通常モンスター故に種々のサポートカードに対応する《エルフの剣士》に分があり、一概に採用価値で勝るとも言い難いカードである。

【8位】

・ロケット戦士
11

自分のターンのみ発揮する、戦闘破壊耐性及びコントローラーへの戦闘ダメージを0にする永続効果と、自身の攻撃対象をダメージ計算後に弱体化する誘発効果を持つモンスターカードである。
《ライトイレイザー》や《ソード・マスター》の効果を有効活用するために役立ち、弱体化ではなくそれらとの共有を目的にして使うことができるカードである。

【9位】

・ムカムカ
12

手札の枚数に応じ、自己強化する永続効果を持つモンスターカードで上位種に《激昂のムカムカ》が存在する。
存分に効果を発揮するには、手札を温存する必要がある。
このモンスターのためだけに手札を温存し、展開を遅らせるのは得策とは言えない。
また上位種である《激昂のムカムカ》や、より多くの効果を持つ《トラゴエディア》の存在も評価を下げる。
前者は上級モンスターでありながら、このカードと同様に《巨大ネズミ》に対応している。
後者はコントロール奪取効果やレベル変動効果で、より幅広い活躍が可能なカードである。

【10位】

・ロード・オブ・ドラゴン―ドラゴンの支配者
13

ドラゴン族を効果の対象にできなくする永続効果を持つモンスターカードで《竜魔人 キングドラグーン》の融合素材でもある。
ドラゴン族に効果の対象への耐性を付与するが、自身のステータスがあまりに低い。
また、自身がドラゴン族でないためサポートカードをドラゴン族と共有できず、単体での使い勝手は悪い。
基本的には、《竜魔人 キングドラグーン》の融合召喚か《ドラゴンを呼ぶ笛》の発動に繋げるために採用することになる。
魔装戦士との相性は良く、他のドラゴン族と共にペンデュラム召喚してサポートに徹する事ができる。
《召魔装着》で自身とドラゴン族の強化も狙えるカードである。

上記が、遊戯王デュエルリンクスでリセマラのおすすめモンスターカードランキングになります。リセマラする際には上記カードを是非参考にして下さい。


コメントを書く
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット